c86b221a-s

今回は2018年1月頃から話題になっているMeltdown (メルトダウン) Spectre (スペクター)の話になります。

これはそもそも何かといいますと、CPUの構造的な欠陥に対して行われるウイルスだと思って頂ければいいと思います。

そして、この脆弱性に対しての修正プログラムを更新すると、大なり小なりパソコンの性能が落ちるというものなのですが、ウイルスが侵入しないようにするために必要なので、きちんとwindowsと各メーカーのアップデートはしましょう。


ただし、この修正プログラムの中にBIOSの更新というものがあります。
これは基盤そのもののプログラムの更新になるのですが、失敗するとパソコンが一切起動できなくなるのでご注意下さい。

現在、このBIOS更新の失敗でパソコンが動かなくなってしまったという事例が海外で結構あるようです。
原因は一概には何とも言えませんか、更新が待ちきれなくて途中で電源を切ってしまった等も考えられますので、仮に更新が始まってしまったなら1日や2日待つつもりで気長に待ちましょう。

また、自作パソコンやBTOパソコンの場合、各マザーボードのメーカーからBIOSやドライバの更新が出ている場合がありますのでご確認ください。

このMeltdown (メルトダウン) Spectre (スペクター)に関してはウイルス対策ソフトだけでは対策しきれない問題となっていますのでご注意ください。